茶の湯の花

2907_10_002.jpg

茶の湯の花

文月

花  桔梗 京鹿子 九階草 撫子 石芋 太蘭 縞葦
花入 遠州所持 古銅松皮菱鉢

この器は、遠州公が所持していたもので、当時は砂鉢として、盆石あるいは立華等に用いられていたと考えられます。たっぷりと水を入れ、白砂を水中の景色にし、七種の花を清涼感をもって入れました。花留めも、蔵帳の蟹筆架という贅沢な扱いです。