茶の湯の花

2901_10_001.jpg

茶の湯の花

睦月

花 曙椿 白梅
花入 自作 青竹輪無二重切

毎年の点初めの向栄亭濃茶席の花入は、苦労して切りに行く青竹に入れた花が恒例となっています。自庭の曙椿は、蕾も大きく、いかにも新春を寿ぐ姿で、苔のついた古木の梅と対照を成しています。青竹の切り口一杯に水を入れ清々しさを表現します。